年金計算 平成21年度 β版


社会保険庁の年金個人情報提供サービスのデータを入れてくれれば、再評価額を計算して年金額を吐き出しますよ。
ねんきん定期便のチェックにもどうぞ。

ブックマーク

メニュー

リンク

メールフォーム

Powered by SHINOBI.JP

アクセスカイセキ


ログイン

雑記帳

to do リストとかバグ修正があったらここに書いておこうかなと。

H21-05-08

今年も三月三十一日付けの官報により、政令の改正が載りました。
H6再評価率は付け足すだけですが、今年のH16改正の再評価率は全面的に変わりました(増える形で)。
せっかく作ったのに、あんまり人こないし使ってくれていないようなので、改訂作業が億劫になっておりましたけれど、やっと平成21年度版に改訂いたしました。
で、物価上昇は結構あったって1.4%。名目賃金上昇率が0.9%あったので、凍結分の1.7%の遺産を0.9%消化されました。
スライド率は従前と変わらず0.985となります。

H20-07-26

離婚分割の計算をつくってみた。
年金計算のスクリプトを流用すれば簡単にできるかと思ったが、こまかい例外処理や微妙に計算法が違ったりして結構面倒でした。
離婚分割の法律をおさらいして、プログラムを組んで試算してるうちに、ちょっと疑問が湧きました。
老齢年金はいいとして、300月みなしの障害年金と遺族年金に関して第2号改定者というか簡単に分割を受ける側は分割を受けて単純に計算すると、 年金額が減ってしまうということになります。
それを保護するため、みなし被保険者期間は算入しないという規定が設けられています。
一方、第1号改定者については、そのような保護規定は見当たりません。(ないよね本当に、勉強不足ならすまんです。)
実際に計算してみると、すぐに第1号改定者と第2号改定者の障害および遺族年金額は逆転してしまいます。
結構、減るんで離婚して年金分割した後に障害負ったら大変ですね。
障害者の生活の安定という趣旨から見て、これは違法なんじゃね?と思ってしまう今日この頃です。
障害年金くらい従前額保障してほしいものです。

H20-07-15

CakePHPに移植してみた。
途中で、やっぱりこのプログラムの形態(データベース利用よりも文字変換と計算が主要)だと、Cakeではあまりコード減にならず、むしろ増えるかもと思いつつも仕上げてみた。
移植にともない、コード整理。整理したつもりだが、あんまり変わらなかったかも。 データの扱い方が拙かったと思っていたが面倒なのでそのままにしておいたところを、思い切って直した。
移植にともなって、投稿欄は廃止。変わりに普通の掲示板かブログを置くかもしれない。
国民年金の計算をAjax化。

H20-04-02

三月三十一日付けの官報に、政令の改正が載りましたよ。
そいつで今年の再評価率が正式に決まりましたので、平成19年度版から平成20年度版に改訂しましたよ。
スライド率は変わらず、0.985となっておりますよ。
チョチョチョっと再評価率のデーターを修正するのみで済みました。

H19-12-17

ためしにアップ。
たぶん、バグが山盛りな気がするので、いつまでたってもβ版。
3月から4月に再評価率やスライド率が改正されたら、平成20年度版に改定する。
迅速に改定できるかは不明。
年金の解説ページを作る。
そんなのはほかにいっぱいあるからいらないか。
質問が多くあったら、FAQをつくろっかな。
以前エクセルで作って個人的に使ってたのを、phpとmysqlに移植してみた。