年金計算 平成21年度 β版


社会保険庁の年金個人情報提供サービスのデータを入れてくれれば、再評価額を計算して年金額を吐き出しますよ。
ねんきん定期便のチェックにもどうぞ。

ブックマーク

メニュー

リンク

メールフォーム

Powered by SHINOBI.JP

アクセスカイセキ


ログイン

国民年金の計算 平成21年度価額

老齢基礎年金の計算は難しくありませんけれど、いちおう、算出する計算機を設置しておきます。 国民年金の場合、障害年金と遺族年金は定額ですので算出しませんです。

これも社会保険庁の年金個人情報提供サービスに載っている月数をそのまま入力してください。 あと、そこには載っていませんけれど、もし20歳未満と60歳以上の厚生年金および共済年金の加入期間があれば 追加して記入してください。

保険料納付済期間と保険料免除期間の合計が480月を超える場合、特殊な計算になります。 いちおう、実装しておりますよ。

それで、ここも受給資格があるかどうかの判定は行いませんので、 あくまでも、もし受給資格があったとしたら、いままで支払った期間だといくらもらえるかが試算されますよ。

国民年金 厚生年金 船員保険 年金
加入
期間
合計
納付
月数
全額
免除
月数
4分
の3
免除
月数
半額
免除
月数
4分
の1
免除
月数
学生
納付
特例
月数
月数 期間 月数 期間
加入月数
共済組合等加入月数 合計期間

(単位:月)

20歳未満と60歳以上の厚年等・共済加入月数があれば記入